♪思いつき♪

読書・読書の記録
ホラー・サスペンス・恋愛・エッセイ ジャンルを問わずになんでも読むもの
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
Dear,こげんた―この子猫を知っていますか?
Dear,こげんた―この子猫を知っていますか? (JUGEMレビュー »)
mimi
衝撃が慟哭へ、そして感動から希望が生まれた
PROFILE
SEARCH
Link
<< シーラという子_虐待されたある少女の物語 | main | 国家の品格_全国民に読んで欲しい! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
水曜の朝 午前三時
水曜の朝、午前三時
水曜の朝、午前三時
蓮見 圭一

蓮見圭一を始めて読んだのが「愛犬家殺人事件」の話だったんで こういう小説を書く人だとは知りませんでした。

死ぬ前の母が娘に宛てた人生の告白のテープ。
それを娘の旦那が聞いて 娘の旦那の独白になるという変わった視点からのお話。
でも いい小説だと思います。

人生があと 少ししかないと分かっている時、人は何を思うのか?
あの時にあぁしていたらどうなっただろう?とはきっと皆考えて想像すると思う。


| Ryuuko | | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://ryuuko.jugem.jp/trackback/145