♪思いつき♪

読書・読書の記録
ホラー・サスペンス・恋愛・エッセイ ジャンルを問わずになんでも読むもの
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
RECOMMEND
Dear,こげんた―この子猫を知っていますか?
Dear,こげんた―この子猫を知っていますか? (JUGEMレビュー »)
mimi
衝撃が慟哭へ、そして感動から希望が生まれた
PROFILE
SEARCH
Link
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
アメリカ版 Shall We Dance
東京に戻る飛行機の中でShall We Danceを見た

日本語版とはまた全然違う
まず一般的な社会における「社交ダンス」というものの位置自体が全然違うかも。
日本で「社交ダンス」をやっているという人にはそう多くはない。
マンボが踊れますって人なんてあまり会ったことないし、(あまりではないな、ほとんどか・・)中年のおじさんがダンスを習うということが日本社会では奇異なのである。そこのところをついた面白さが日本語版にはあるのだけど、こっちはお国柄小さい時からサルサやマンボを踊って踊りになじんでいる人が多いから、あの竹中直人がしていたような面白さは出ていない。ボールルームといっても使われている曲やダンスの振りがJloのせいかラテン調に近い。Jloはブルックリン生まれで、ラテン社会で育ってきたからダンサー時代の彼女の背景もラテン系のダンスが得意。
 それにしてもリチャードギアさん、またしてもやってくれました。
今度は「旦那さんにしたいNo1」でしょうか。
ネタばれになるので書きません。

  日本語版のあの面白さを期待して見に行ったらがっかりしてしまうかも。
まったく違うものとして見た方がいいかも・・・・

| Ryuuko | ショウ・ミュージカル | comments(0) | trackbacks(0) |
Dirty Rotten Scandal
GypsyRun
面白い
新作ミュージカルコメディ

| Ryuuko | ショウ・ミュージカル | comments(0) | trackbacks(0) |
さようなら 42ND STREET
1月の2日にブロードウェイショウ 42番街がクローズしました。
クロージングナイトに行ってまいりました。
幕が上がるまえに幕の向こうから聞こえる出演者達の円陣を組んでいる掛け声。
それに客席が答えてエールを送る。
ここからもう通常のショウと違いました。

42番街は幕が上がると同時に全員(何十人?)の一斉のタップシーンで始まります。
そこからいきなり スタンディングオベーション。
通常の舞台は「ノート」と言ってダンスキャプテンが各ショウをチェックして、注意事項を伝えます。つまりショウの後で怒られるのです。
なので、皆 羽目をはずしたり出来ません。
きちんと教えられた型どおりにおどらなくてはいけないのだけど、
クロージングナイトはその「ノート」がくることはもうないので、
みんな はちきれそうに踊ってました。
振りをちょっとだけ変えている人もいましたね。ふふふ 見ましたよ

目玉シーンの度にスタンディングオベーションがあり
大盛り上がりのショウでしたが、
やっぱり、ブロードウェイだなって思うのは
地方公演とかだと、最後に挨拶があったりするのだけど
その辺はビジネスライクにササッと終わってしまうのですね

ワーッと盛り上がってたのが、パッと電気がついて
いきなり皆冷静・・・みたいな・・・

これってどうなんでしょうねぇ?
いいんですかね?
悪いんですかねぇ?

ドイツなんかは10回くらいアンコールするんですけどねぇ

とにかく 今日は楽しいショウで大満足でした
42番街は本当によく練り上げられたミュージカルだと思いました
これを何十年も前に作り上げたっていうのはスゴイですね

http://www.42ndstreetbroadway.com/
| Ryuuko | ショウ・ミュージカル | comments(0) | trackbacks(0) |
NY太平洋序曲 続編
さて 私が見に行った時は最後の「Next」という曲でデザイナーのKoshino JunkoさんのSexyな黒の衣装で皆が踊りまくっていました。
が、その後それだけでは意味が通じないのでナレーションを入れたようです。
「Sonyはコカコーラを抜いた。エンパイアを買った。
マツイはxxヒットを出した」と ナレーションを入れることになったそうな。
オリジナルにはない原爆のシーンをライティングとスモークで入れ、その後日本が「Next」(次、次)と手に摑んでいくことを表現した模様です。

それにしても後ろで踊ろうと努力している将軍のおじさま達。。
とほほ

いづれにしても、こういった演出がNYタイムズなどの批評家からどうでるか?
そろそろオープニングに向けて批評家が見に行き始めたようです。

| Ryuuko | ショウ・ミュージカル | comments(0) | trackbacks(0) |
NY 太平洋序曲
この前見に行った日に記事を書いたのに、変だなぁ消えてしまった。。。
見てきました。
面白かったです。
細かいところに粋な笑いが効いていたのが亜門さん風なのかな?
従来の太平洋序曲(PacificOverture)より笑えるシーンをふんだんに入れていたようです。
香山役のマイケルリー、すごく歌も芝居もうまいです。
どこから見つけてきたのかと思ったら、ミスサイゴンブロードウェイのThuy役をやってた人のようです。

つづきはまた今度
| Ryuuko | ショウ・ミュージカル | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>